ある程度の家庭料理ができる主婦の方、男の料理を楽しんでおられる方にぜひおすすめしたい「調味料」に関する本です。料理の味をワンランクアップするための調味料の使い方・選び方がレシピも交えながら紹介されています。

book-seasoning1

調味料の基礎が5項目で紹介

調味料は普段使っているから知ってるよっていう方もページを開いてみてください。しょうゆ・味噌・塩・砂糖・酢の5項目にわけられて「調味料の基礎知識」が説明紹介されています。意外に知らないことがたくさんあるんだな~とびっくりしました。ちなみに私は主婦暦30年。たとえば「醤油」の場合は、14ページもページがさかれているんですよ。そりゃあ、それだけの量ならしらないことがたくさんあっても不思議じゃないですよね?

book-seasoning2

醤油の紹介の中の1ページ「卵かけごはんにちょいとたらせば美味い」の見出しでスタートするページがあります。
卵かけごはんは略して”T.K.G ”よ呼ばれているそう。(実は知らなかった・・・)朝ごはんの定番メニューもこんな呼び方をすると何だかすごいメニューの一つみたいですね。シンプルなメニューだからこそ、かける醤油にこだわりたい!という方のための様々なメーカーの”卵かけ専用醤油”が紹介されています。

目からウロコの調味料使い

私が最も活用している特集ページです。10項目に分類されています。

  1. 塩で味をひきしめる
  2. オリーブオイルの風味を生かす
  3. しょうゆの深みを料理に与える
  4. 黒酢で料理にコクを出す
  5. ナンプラーの香りを活用する
  6. 柚子胡椒でアクセントを
  7. バルサニコ酢で酸味をプラス
  8. 黒酢で風味豊かな料理を
  9. ポン酢の爽やかさを加える
  10. 味噌の旨みを引き出す

book-seasoning3

それぞれの役割が具体的にまとめられおり、簡単なレシピもついています。
あ~そうなんだとうなずいたり、新しい発見をしたり・・・。
私の料理の腕もきっとワンランクアップするなと思いながら読みすすめていきました。

book-seasoning5

あの人も選んでいる最高の調味料

料理研究科のワタナベマキさんをはじめ、21人の料理に携わっている方たちの「わたしの愛する調味料」が公開。調味料の種類が多すぎてどれを選べばいいのかわからないけれど、専門家がお薦めするものならトライしてみる価値があるかも?
料理好きのお姉さんにも教えてあげよう~っと。

book-seasoning4

今、知っておきたい調味料の基本