「フォンダンショコラ」はフランス語で「とろける」という意味。
お濃茶フォンダンショコラ「生茶の菓」は、名前の通り、生チョコレートケーキのような冷やして食べるお菓子です。

greentea-chococake8

実はいただきものです。
 

スポンサードリンク

お茶の香りがしそうな綺麗なグリーンの包装紙でした。
あける前からワクワク♪

greentea-chococake1

 

生茶の菓(なまちゃのか)京都限定なんですって!
「チョコレートを使ったお菓子です。28℃以下で保存して下さい」という注意書きが。

greentea-chococake2

 

一つ一つ、これまたお茶の香りがしそうな上品な個包装です。

greentea-chococake5

 

あける前からワクワク~。

greentea-chococake6

 

紅茶やコーヒーはもちろん、深い緑が手伝って、お茶にもあいそうですね。
私は大好きなコーヒーと一緒にいただきました。

greentea-chococake7

 

柔らかくて、とろけるような食感。
濃厚なお茶の風味がひきたちます。

greentea-chococake9

 

本店は京都北山。植物園の近くですね。
本店では、ショップとサロンがあって美味しいケーキにめぐりあえそうです。

greentea-chococake3

 

最初は和菓子っぽく見えたけれど、洋菓子なんですね。
和と洋が融合したようなお菓子で上品でした。

greentea-chococake4

 

お濃茶フォンダンショコラ「生茶の菓」の詳しい情報はコチラです。

スポンサードリンク