おいしい食べ物や料理、実際に使ってよかった調理器具、あこがれのキッチングッズ、おしゃれな雑貨を紹介しています。

着色

着色に適したハーブ・スパイス

サフラン・クチナシ・赤シソ・パプリカ・ターメリック(ウコン)など。
植物自体が持っている色素成分によって料理や、食品に色付けをするスパイスです。

サフラン〔黄色色素成分〕

paella-2サフランに含まれる色素成分は水に溶けやすい成分なので、水分に十分浸して色だしをするときれいな黄色に仕上がります。
見た目が華やかで豪華なパエリアに最適なスパイスです。

クチナシ〔黄色色素成分〕

takuanあかね科の常緑性低木で開花時期は6~7月で10~11月頃に赤黄色に実が熟しますが、熟しても口が開かないことから「クチナシ」と呼ばれるようになりました。
クチナシに含まれる色素成分は水に溶けやすい成分です。水又は、熱湯につけるとより早く色だしをすることができます。
きんとんやたくあん漬け・お菓子などの色つけに使われます。

赤シソ〔赤色色素成分〕

sibatuke赤シソに含まれる色素成分によって、梅干や紅生姜の赤色を鮮やかに出すことが出来ます。
乾燥させた葉は、香辛料として七味唐辛子に配合されたり、ふりかけなどにも用いられます。

パプリカ〔赤色色素成分〕

paprika中南米産のナス科の多年草で、赤く熟した実を収穫・乾燥させ、果皮のみを粉末状にしたスパイスです。
パプリカの色素成分は油に溶けやすいため、油を使う料理に加えると色鮮やかに色付けできます。
パプリカは、辛味のない唐辛子で、甘酸っぱさを感じさせる特有の香りと苦味があり、ビタミンCを豊富に含んでいます。
香辛料としてだけでなく、野菜としても幅広く使用される食品です。

ターメリック(ウコン)〔黄色色素成分〕

curryカレー粉の黄金色を出すのに欠かせないスパイスです。
ターメリックに含まれる色素成分は油に溶けやすい性質なので、油類と一緒に使うと鮮やかな黄色を出すことが出来ます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © わくわくキッチン雑貨 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.