TANITAの薄型クッキングスケール、選んで良かった!
今、キッチンでとっても活躍してくれています。

kitchenscale-1

普段の料理は、目分量でしていてもパンやケーキなどはきっちり計量しないとだめですよね?
ず~と使ってきたスケールはデジタルじゃなかったので結構アバウトでした。

それでホームベーカリーを買った機会に、スケールもデジタルで計れるものを購入しました。

いろいろ探して見比べて選んだのがコレです。愛用しています。
購入先はコチラから ↓↓↓ 
デジタルクッキングスケール(TANITA)
大好きなベルメゾンネットさんで見つけました。

kitchenscale-3

 

厚みがたったの2.7cmなんですよ!

このクッキングスケールって、超薄いですね。
そして軽い!
さっと取り出して使えます。

kitchenscale-8

薄いので収納にも場所をとりません。
ちょっとした隙間におくこともできますし、ぶら下げることもできます。
左上に穴があいていて、ヒモを通したり、S字フックを通したりできるようになっています。

kitchenscale-9

 

収納棚にちょこんとおいても可愛いですね。細いすきまにでもピッタリおさまってくれます。
クッキングスケールには見えないですね。

kitchenscale-6

 

気になるスケールの計量機能は最大計量1Kg まで、最小表示1g

デジタルで1g単位で表示されるので、計量が正確にできます。

ちょっと老眼が入った私でも見やすい大きめの表示です。
表示の数字が大きくて見やすいっていうのは、私にとってはとてもうれしいですね。

kitchenscale-2

 

容器の重さをリセットできる機能はとても便利ですよ

数種類の材料を次々計る場合に、同じボウルにリセットしながら入れていけます。

タニタ(TANITA)さんの商品です。
タニタさんと言えば体重計や計測器の大手メーカー。
「体脂肪計タニタの社員食堂」という本がベストセラーになったのでご存知の方が多いと思います。
安心して使えますね。

kitchenscale-5

3色の中から選べます。私は大好きなグリーンを買いました。
実はボウルもグリーンを持っているのでお揃いになりました。

我が家のキッチンには、ここにおさまっています。
よく使うキッチンツールの横なので、手を伸ばせばさっと届く場所です。

kitchenscale-7

 

タニタのクッキングスケール 良かった点まとめ

  • 1g単位で表示されるので正確に計量できます
  • 表示の窓が大きいので、数字が見やすいです。
  • 左上に引っ掛ける穴がついています。ぶら下げたい人には便利です。
  • 薄いくて軽い
  • 厚みがないので収納にも場所をとりません
  • 3色展開ですが、どれも元気のでるキレイな色です。
  • 容器の重さをリセットできる機能がついています。

※少し困る点は、最大計量が1kgまでだということ。
でも私の場合は、めったに1kg以上計るということはありません。
その場合は、2度にわけて計っています。

 

私はグリーンを購入しましたが、元気のでるオレンジ色や可愛いピンク色もありました。
キッチンがパッと明るくなりますね。
↓↓↓ 写真の上をクリックすると私が購入したベルメゾン(千趣会)のページへ行けますよ。