生牡蠣をお隣さんからいただきました。大きいのがたくさ~ん!

前にも何度かいただいたことがあったのですが、いつもはだんさんに開けてもらっていました。
でも、今日は仕事で遅くなる~って言うし、しかたなく私がチャレンジ。
(実は初めて)

最初の一つ目は時間がかかったけれど、段々早く開けられるになっていきました。
牡蠣の開け方の手順は、家庭でできる殻付牡蠣の簡単な開き方というユーチューブを参考にさせていただきました。
とてもわかりやすかったですよ。

本当はこんな風に↓↓↓ 仕上げたかったのですが、牡蠣があまりに大きくて、並べただけで終わりでした。
namagaki2013-1

牡蠣をあけるために用意するもの

  • 軍手
  • はさみ又はかなづち又はペンチ
  • ナイフ

軍手は必須です。ごつごつした牡蠣を素手で触ると怪我のもとです。
インターネットで調べてみると、はさみを使っておられましたが、私はハサミではうまく出来ず、ペンチを使用しました。
ナイフは普段使いの包丁は不可。牡蠣用のナイフがあれば一番いいのですが、たまたま先にギザギザのついたナイフがあったので代用。

namagaki2013-2

牡蠣をあける作業を始めて調子づき、どんどん開けていくうちに、
「あ! 写真とるの忘れた!」と気づきました。
というわけで、最初の山盛りの牡蠣の写真がありません(笑)

namagaki2013-3

何とか牡蠣を全部取り出しました。やれやれ、ホッ!
この黒いお皿は20cm×20cmのお皿です。大きいってわかっていただけるかな?

namagaki2013-4

家族がそろうのを待って、美味しい夕食タイムとなりました。