おいしい食べ物や料理、実際に使ってよかった調理器具、あこがれのキッチングッズ、おしゃれな雑貨を紹介しています。

フライパン(炒め鍋)

フライパン(炒め鍋)

一般的に家庭でよく使われているフライパン(炒め鍋)で、鉄・鉄鋳物(スキレット)・アルミ・フッ素樹脂加工(テフロン等)・銅製・チタンなどの材質があります。
一般的に、フッ素樹脂加工のフライパンが多く選ばれています。

【鉄・鉄鋳物フライパン(スキレット)】
フライパン24 24012

熱効率が良く、使えば使うほど油分が鉄の中に染み込み焦げ付きなどしなくなり、使いやすくなってきます。
強火での炒め物などの調理に適しています。
【フッ素樹脂加工フライパン】
T-fal デュラベース フォーチュン フライパン 25cm A11405

表面加工により、焦げ付きにくく低火力や油を使わないヘルシーな調理に適し、お手入れがとっても楽です。
【中華鍋】
山田 鉄 打出 中華両手鍋 30㎝(板厚1.2㎜)

鉄は、熱伝導強率が良く、油馴染みがよいため、強火調理で一気に加熱する炒め物や、カリッとした焼き上がりや歯ごたえのある調理に向いています。

フライパン(炒め鍋)の長所・短所

表面加工が施されたフライパンは焦げ付きにくく、低火力や油を使わない料理にも適し、手入れが楽です。
反面空炊きに弱いため強火の料理には向かず、金属のヘラなどを使うとフッ素樹脂コーティングが傷つくので注意が必要となります。
キズや過熱などからコーティングが劣化するため数年で買い換えるという考え方かいいかもしれません。
フッ素樹脂をコーティングしたものを「フッ素加工」といいます。これが2層にコーティングされると「テフロン加工」、3層コーティングで「シルバーストーン加工」、4層のものは「プラチナ加工」と呼ばれています。
コーティング層によって名称が異なります。

鉄製で、コーティングなど特別なことのされていない鉄のフライパンは、強火調理で一気に加熱する炒め物、カリッとした焼き上がりや歯ごたえのある調理ができます。
使えば使うほど油がなじみ使い勝手が良くなる一生物の鍋とも言えるでしょう。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © わくわくキッチン雑貨 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.