お嫁さんの実家へのお歳暮は、京都で有名な「おたべ」を注文しようと決定。ご実家は、お酒を召し上がらない和菓子大好き家族のおうちです。

京都生まれ、そして卒業後に働いていたのも京都という私にとって生八つ橋(なまやつはし)は、いつも目に触れる場所にありました。

「おたべ」は、生八つ橋のブランドの一つで、かわいい三角形のなかに、あんこがたっぷり入った和菓子です。私の好きな和菓子ランキングでは上位!だって京都生まれの私ですから。

京都の街といえば舞妓さん。そしておたべといえば看板娘の可愛い舞妓さん姿のおたべ人形。店頭で「いらっしゃいませ」とおじぎをして、お客様をお出迎えしてくれています。私はもう見慣れてしまったけれど、その姿に思わず可愛いと立ちどまる観光客の方が多数。

焼いたものは、「八ツ橋」、生は「八つ橋」と表示されています

おたべの会社では、焼いたものと生のもので表示名が違います。「ツ」と「つ」の違いです。

京都銘菓「おたべオンラインショップ」さんのページへ入り、左のサイドバーに表示された漢字を比べてみてください。
確かに、「生八つ橋」と「八ツ橋」という商品名になっています。

今回私が選んだのは、八ツ橋を焼き上げる前のやわらかい生地である「生八つ橋」でつぶあんを包んだお菓子「おたべ」です。

最近は、ちいさいおたべの「こたべ」や、ショコラのおたべなど種類がたくさん増えました。

ショッピングサイトはコチラです。↓↓↓ 「ツ」と「つ」の違いも見てみて下さいね。
京都銘菓「おたべオンラインショップ」