チェコの絵本作家ルヂェク・ヴィムルの絵本から飛び出たようなガラスプレートの紹介です。
見ているだけで楽しくなってきます。あんまり可愛いので使わないときは飾っておきたくなりますね。

ehondish-1

絵本のページから飛び出した動物や花のプレートが2枚で1セットになっていて毎月1セットずつ届きます。
フェリシモコレクションのうちのひとつでこのプレートは6回シリーズです。

ehondish-2
フェリシモ チェコの絵本作家 ルヂェク・ヴィムルの ガラスプレート2 枚セットの会(6回限定コレクション)

この絵本はルヂェク・ヴィムルのかわいいイラストで勉強が出来るABC絵本。それぞれのアルファベットから始まる、またはそれに関係する短い詩が収録されています。この絵本のイラストから今回ご紹介するガラスプレートの物語が始まるんですよ。
ehondish-15

担当のフェリシモ社員さんによると、この絵本の少し味わいのある色味にこだわったんだとか・・・。

それぞれの2枚のお皿にはストーリーがあります

絵本のページをめくると窓からネコとキツネが飛び出しました。おうちの中でいたずらでもしていたのかな?
こら、待て~~~!
ehondish-5

2枚のお皿の上に飛び出しました!
ehondish-6

ネコがペロッと舌を出してねずみの方を見ています。
ねずみは美味しいものに夢中で全然気がついていませんね。
ehondish-7

ネコとねずみは別々のお皿の上にのっかりました。ネズミさん、食べられなくて良かったね。
ehondish-8

きれいなお花のまわりにミツバチさんがたくさん集まっています。
ehondish-9

ミツバチさんとお花がお皿の上に描かれました。
ehondish-10

こんな風に絵本から飛び出してきたイラストが2枚のお皿に描かれ、2枚重ねると物語が現れるしかけです。
ehondish-13

2匹のウサギもお皿を重ねると仲良し親子になりました。
ehondish-14
大きさはこんな風に片手で持てる程度です。食事時のとりわけ皿に使ったりおつまみを入れたりと応用範囲は広そうですね。

また絵柄にあわせておくおつまみを変えてユーモアを見せるっていうのも面白いですね。どのお皿もほのぼのとした光景が目に浮かびます。

チェコの絵本作家ルヂェク・ヴィムル

ehondish-12

チェコの絵本作家ルヂェク・ヴィムル
1921年生まれ。プラハ工業美術大学で学び音楽の出版社で働いた後、画家、イラストレーターとして、妻の絵本のイラストを描き、ほかの絵本作家のイラストも多く担当しました。
参考元:フェリシモ商品ページ

ehondish-16

動物たちの愛嬌のある表情を描く彼の感性に、子供のように大人の私までが魅了されてしまいました。
そしてまた、2枚のお皿の上に物語をのっけるなんて素敵なアイデアにフェリシモさんのセンスの良さが光ります。

しゃれたパッケージなのでギフトにも使えますね

こんな箱に入っているのでちょっとしたプレゼントにもできますね。箱をあけてガラスプレートを見つけた時の笑顔が目に浮かびます。
ehondish-11

フェリシモ チェコの絵本作家 ルヂェク・ヴィムルの ガラスプレート2 枚セットの会(6回限定コレクション)

こんな風にディスプレイしてもいいですね。

※フェリシモさんの商品セミナーで見せていただきました。
その他「チェコの絵本作家ルヂェク・ヴィムル」さん関連

フェリシモ チェコの絵本作家 ルヂェク・ヴィムルの ゆるっと布バッグの会(6回限定コレクション)

フェリシモ チェコの絵本作家 ルヂェク・ヴィムルの テトラ形ラッピングバッグの会

フェリシモ「コレクション」