京都の伝統のお菓子の八ツ橋にチョコレートをコーティングした「チョコ八ツ橋」をお取り寄せしました。
八ツ橋のかりっとした食感に上品な甘さがミックスされたモダンなお菓子です。

chocoyatuhasi-1

可愛いパッケージのふたでは、人気者のおたべちゃんがチョコ八ツ橋を”さあどうぞ~”とお出迎えしてくれています。チョコ八ツ橋って5年連続でモンドセレクション特別金賞を受賞してるのだとか。

chocoyatuhasi-2

八ツ橋のにっきの香りは少し癖があるので、好き嫌いがまっぷたつに分かれます。どなたかに差し上げるときは、必ず大丈夫かどうかをお聞きするようにしているんですよ。と言っても香り付け程度ですのでほんのり香る感じです。

にっきというのはシナモンの仲間でクスノキの一種の樹皮をはぎ取って乾燥させたものです。私はにっきのちょっとだけツンとした匂いが大好きです。種類は違いますが、ペパーミントが苦手でなければきっと美味しいと思っていただけると思います。

chocoyatuhasi-5

スイート・抹茶・ストロベリーが10枚ずつ計30枚。1袋に2枚入っています(個包装なのでわけやすいですよ)

chocoyatuhasi-3

こちらはスイートチョコレート。ベーッシクなチョコの香りです。

chocoyatuhasi-6

抹茶のお味。

chocoyatuhasi-7

ストロベリー。

chocoyatuhasi-8

どれも美味しいけれど私はベーシックなスイートチョコレートが一番好きですね。

八つ橋と八ツ橋の違いって知ってますか?

八つ橋と八ツ橋って「つ」と「ツ」の違いだけなんですが、ちゃんとわけて使われているんですよ。
ひらがなの「つ」を使う「八つ橋」は生の八つ橋を、
カタカタの「ツ」を使う「八ツ橋」は焼いたものを言います。

今回のチョコ八ツ橋は、焼いたものなのでカタカナの「ツ」が使われています。
おたべのオンラインショップさんで気をつけて見ていただけるとよくわかりますよ。

おたべのオンラインショップさんには、京都のお菓子がずらり

chocoyatuhasi-11

ベーシックなおたべ、生八つ橋をはじめ、アレンジされたチョコ八ツ橋、八ツ橋クランチなど種類も豊富です。
京都宇治抹茶を使用した「京ばあむ」も気になります。次回のお取り寄せは京ばあむにしようかな?

他のおたべの記事はコチラ
生八つ橋の中にあんこが入った「おたべ」は京都の銘菓です。
京都銘菓「おたべ」は三角形の中にあんこがたっぷり入った和菓子

チョコ八ツ橋やその他おたべのお菓子は下記のオンラインショップさんで購入できます。
京都銘菓「おたべオンラインショップ」