大阪私立東洋陶磁美術館で開催されている
特別展 森と湖の国 フィンランド展 へ行ってきました。

フィンランド展

開催期間  2013年4月20日~7月28日

ガラスが中心の展覧会です。
赤い i のロゴマークでおなじみの「イッタラ社」の製品が好きで
何としても会期中に行きたいと思っていました。

 

スポンサードリンク

finlandten-5

始まってすでに3ケ月がすぎた平日でしたが
結構 人が多く、人気の程がうかがえました。

finlandten-2

展示は、時系列的で、フィンランドのガラスの歴史がよくわかる仕組みになっています。
最初はごく普通のシンプルな器にしか見えなくて「知らなかったら捨ててしまいそうだね」
と主人と顔を見合わせながら進んでいくと・・・。

デザインがだんだんと進化して、まさに「アート」を感じさせる作品が次々と・・・。
綺麗な色使いのものも段々とふえていき
思わずたたずんでしまう作品も・・・。

「冬の厳しい寒さと短い日照時間のため、室内で過ごす時間が多いフィンランドの人々にとって、日常の生活空間が重要であり、そこに求めた物質的なものではなく、精神的な豊かさだったから」
~パンフレットより抜粋~

素晴らしい作品が生まれる背景はこういう理由だそうです。

通路も含めて館内全て、写真撮影が禁止されていましたので
残念ながら作品の写真は撮れませんでした。

森と湖の国というフィンランドの風景写真も飾られていて
ここち良い気分にひたることもできました。
すいこまれそうな湖に心ひかれ、いつかは行ってみたい国のひとつとなりました。

フィンランド展の写真があまりないので大阪私立東洋陶磁美術館まわりの写真を少し。
せっかくなので、少し歩いてみました。

東洋陶磁美術館のある中ノ島には、公園の中央に約500mのバラ園があります。
バラの季節の5月はとうに終わっていましたが、満開期には多くの人を集めます。
行かれる方は、5月または10月が綺麗な季節です。

finlandten-4

公会堂です。

finlandten-7

ビルと川、遊歩道がおりなすと快適な眺めです。
夏だというのに結構風もあり、じりじりとした暑さは感じませんでした。

finlandten-9

中ノ島周辺には、屋台舟のお店があります。
水都大阪を楽しめますね。
水陸両用船が見たかったのですが、時間的にあわなかったようで見ることができませんでした。

finlandten-8

川の見える立地におしゃれなビアガーデンを発見!
そういえば、前に通りがかったときに、ライトアップがきれいで行ってみたいなと思ってたんだった!

finlandten-10

ステキなガラスアートとステキな遊歩道を楽しんだ一日でした。

 

スポンサードリンク